p-mark

情報セキュリティ

弊社の情報セキュリティ対策

ソフト面での運用は・・・ ハード面での運用は・・・
■プライバシーマーク
【認定番号 第10820040(10)号】
データ入力の専門会社であったときからセキュリティ対策には力を注ぎ、逸早くプライバシーマークを取得、管理部門や現場スタッフ、協力会社に至るまで個人情報保護に関する指導・教育を行っております。
■人材
【個人情報保護教育】
当社のコンプライアンス・プログラムにより、オペレータ全員にセキュリティ教育を行っています。
新人採用の場合は、新人研修の中に個人情報保護教育のプログラムを組み込んでいます。
また年一回の定期教育を行い、個人情報の取扱に対する認識の向上、社内での名札の着用を義務付ける、入力業務室への携帯電話、私物の持込禁止等の指導をしています。
【教育された搬送人員】当社では搬送ドライバーに搬送物の重要さや、個人情報保護についての教育をした上で搬送業務を行っています。
■設備
【カードキーによる建物セキュリティ】
カードキー所持している管理社員だけがビルのセキュリティシステムの施錠・解除ができます。セキュリティシステムが作動後は当フロアにエレベータは停止することができません。ビル警備会社とセキュリティ契約しております。
【オートロックキーによるドアセキュリティ 】データ入力室のドアは暗証番号キーによって入退室者が制限されています。
【センサーによるフロアセキュリティ】セキュリティシステム作動後は防犯センサーが働き、不審者の侵入があった場合は速やかに警備会社員が駆けつけます。
【耐火データ保管庫保有】お客様からお預かりした原票や磁気媒体は入力室内の耐火データ保管庫に保管しています。
■機材
【施錠鍵付きケースの使用】
原票や磁気媒体の搬送は施錠された堅固なケースを使用します。
■廃棄処理
お客様のご要望により入力済みの原票や磁気媒体は、当社委託先の廃棄処理業者で安全に廃棄処分いたします。(有料)